国際

中国、台湾男性を取り調べ - 国家安全危害の疑い

 【北京、台北共同】中国で台湾政策を主管する国務院(政府)台湾事務弁公室の報道官は11日、台湾南部屏東県の枋寮郷政府のコンサルタント李孟居氏を、国家の安全に危害を与える行為に関わった疑いで取り調べていると明らかにした。台湾メディアによると、8月に旅行先の香港で中国広東省を訪れると言い残したまま、行方が分からなくなっていた。

 中央通信社によると、李氏は8月18日に1人で香港を訪れた。20日午前、枋寮の郷長と電話で話し、香港から中国広東省深センに入るつもりだと説明し、その後連絡が取れなくなった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介