国際

台湾、中国軍は「重大な脅威」 - 国防報告書を発表

 【台北共同】台湾の国防部(国防省)は11日、2年ごとの「国防報告書」を発表し、中国の習近平国家主席が1月に一国二制度による台湾統一を訴え、武力放棄を否定したことや、中国軍が台湾の周辺海域で航空機や艦船の訓練を大幅に増やしているとして「わが国の国防安全に対する重大な脅威」だと指摘した。

 報告書は中国によるサイバー攻撃に関する項目を新設。中国軍が妨害電波を発する装置を整備し、台湾の軍事機関などが使用するインターネットへの攻撃を仕掛けていると指摘した。記者会見した国防の専門家は「攻撃は質量ともに向上している」と述べた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介