カルチャー

「万葉の歌音楽祭」が最後に - 奈良・明日香村

 昨年行われた「万葉の歌音楽祭」の参加者ら=奈良県明日香村(犬養万葉記念館提供) 拡大

 万葉集の歌にオリジナル曲を付ける「万葉の歌音楽祭」が16日に奈良県明日香村で開かれる。ポップス、ジャズ、民謡など曲調は自由だ。17回目の今年は元号令和の出典として注目が集まったが、人手不足などから最後の開催となる。万葉集をひと味違う形で楽しめる場だっただけに、惜しむ声も上がっている。

 主催する犬養万葉記念館(明日香村)によると、今年の応募作品は例年より多い約30曲。累計で300に上り、これまでに外国人の応募やCGのバーチャルアイドル初音ミクに歌わせる曲もあった。

 「万葉集には魅力的な言葉や場面が多く、歌に適している」と岡本三千代館長は話す。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介