国際

カナダ首相の倫理規定違反を認定 - 独立委員会、謝罪は拒否

 カナダのトルドー首相(ロイター=共同) 拡大

 【ニューヨーク共同】カナダのトルドー首相らが汚職捜査を巡り司法当局に圧力をかけたとの疑惑で、政府の倫理規定違反を監視する独立委員会は14日、トルドー氏らが規定に違反して影響力を行使しようとしたと認定する報告書を発表した。トルドー氏は責任は自分にあるとして受け入れる一方、謝罪は拒否した。

 カナダでは10月21日に総選挙が予定され、規定違反の認定はトルドー政権に痛手となりそうだ。

 カナダからの報道によると、リビア政府高官らに賄賂を払ったとされるカナダの大手建設会社について、トルドー氏らが昨年、起訴しないよう当時の法相らに求めたことが問題とされた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介