カルチャー

妖怪検定、受け付け始まる - 鳥取・境港、10月実施

 「境港妖怪検定」のチラシ 拡大

 鳥取県境港市の境港商工会議所と市観光協会は15日、10月27日に実施する「境港妖怪検定」の受験申し込みの受け付けを始めた。妖怪の知識を測るもので、公式ホームページなどで9月30日まで受け付ける。例年着ぐるみの鬼太郎らが市内でチラシを配って参加を呼び掛けるが、台風10号の接近に伴い、15日の広報活動は延期された。

 市観光協会によると、検定は2006年に始まり、今年で14回目。妖怪の生態や特徴を答える初級・中級と、小論文形式の上級がある。これまでに5627人が受験し、初級2761人、中級387人、上級20人の「妖怪博士(合格者)」が誕生している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介