カルチャー

傘舞い踊る鳥取しゃんしゃん祭 - 3800人が鈴の音響かせ

 「鳥取しゃんしゃん祭」で一斉傘踊りを披露する踊り手たち=14日午後、鳥取市 拡大

 山陰地方の夏の風物詩「鳥取しゃんしゃん祭」のメインイベント「一斉傘踊り」が14日、鳥取市であった。法被や浴衣などで着飾った約3800人の踊り手が、赤や青を基調とした色鮮やかな傘を手に舞い踊り、傘に付いた鈴の音をしゃんしゃんと響かせた。

 企業や学校ごとにつくられる「連」という踊り手のグループが目抜き通りを練り歩き、沿道の市民や観光客らを魅了した。大阪市から帰省中の会社員井上大悟さん(44)は「涼やかな鈴の音が心地よい。踊りもそろっていてきれいだった」と話した。

 踊りは伝統舞踊「因幡の傘踊り」を誰もが踊れるようにアレンジした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介