カルチャー

静岡・下田で伝統の「太鼓祭り」 - 供奉道具結び見事なアーチ

 静岡県下田市の八幡神社で14日、約400年の伝統を誇る例大祭「下田太鼓祭り」が始まった。各町内からおはやしを奏でる太鼓台と、小さなみこしのような供奉道具が繰り出し、港町は熱気に包まれた。15日まで。

 呼び物は、榊や矛などの飾りが付いた11基の供奉道具を縄で結び、若い衆が両端から押し上げてつくる「太鼓橋」。「ほりゃ、そりゃ」の掛け声で士気を鼓舞し、笛の音を合図に力を結集して見事なアーチを組み立てると、観衆から拍手喝采が湧き起こった。

 写真を撮りに来た同県沼津市の勝亦将さん(80)は「絵になる勇壮な祭り。今年も良いスナップが撮れた」と満足そうだった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介