国際

米政権のエネルギー政策は違法 - 21州など、無効確認求め提訴

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニアを含む21州と首都ワシントンなどが13日、二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電を存続しやすくするトランプ政権のエネルギー政策は違法として、無効確認などを求める訴訟をワシントンの連邦高裁に起こした。

 トランプ政権は化石燃料産業への優遇姿勢を示しており、オバマ前政権が決めた環境重視のエネルギー政策を廃止し、CO2排出量の規制を大幅に緩和する新たな政策を6月19日に最終決定。近く導入するとしている。

 米メディアによると、提訴したのは州知事が民主党所属の東部ニューヨーク、西部オレゴンなど21州やロサンゼルスなど。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介