カルチャー

芸術祭相談役の東浩紀氏が辞意 - 愛知県の「不自由展」中止問題

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、芸術祭の企画アドバイザーを務める思想家東浩紀さんは14日、ツイッターで辞意を表明した。企画展については「外交問題に巻き込まれたこと」と「市民への説明不足」が問題の本質だと指摘した。

 ツイートによると、東さんは元従軍慰安婦を象徴する少女像について「政治家やメディアに政治的に利用されてしまった」と分析。津田大介芸術監督に対し「外交問題に安易に巻き込まれる展示を行ったこと」などを謝罪し、市民や作家を巻き込んだ議論を行うべきだと提案したと明かした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介