カルチャー

福井出身、戦死兵士の日章旗返還 - 遺族「心から感謝したい」

 福井県大野市の石山志保市長(左)に日章旗の返還を報告する遺族の石田治さん=14日午前 拡大

 太平洋戦争中の1945年にインドネシア・ビアク島で戦死した福井県大野市出身の石田五十三さん=当時(31)=が現地へ持参した日章旗が14日、返還されたと遺族が明らかにした。

 長男の治さん(78)は市役所で石山志保市長に旗を見せ、「戦後74年たって遺品が返ってきたことに驚いている。橋渡しをしてくれた方々に心から感謝したい」と返還を報告。旗には「義勇奉公」などと親族らからの寄せ書きが記されていた。

 ビアク島には44年末に出征したが、遺骨は見つかっていない。治さんは「旗が返ってきたことで父を身近に感じられる」と語った。

 日章旗は元米軍医が戦地から持ち帰った。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介