主要

ソウルで慰安婦被害伝える式典 - 文氏、日本の加害責任に触れず

 14日、ソウルで開かれた従軍慰安婦問題の記念式典に参加した陳善美・女性家族相(右端)と元慰安婦ら(共同) 拡大

 【ソウル共同】旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡り、韓国政府が被害の記憶を国内外に伝える記念日と定めた14日、政府主催の式典がソウルで開かれた。記念日を迎えるのは今年で2回目。文在寅大統領は、出席しない代わりに「政府は被害者の尊厳と名誉を回復するために最善を尽くす」とのメッセージを発表した。日本の加害責任には触れなかった。

 式典では陳善美・女性家族相が「慰安婦問題を女性の人権問題として確立させ、歴史の教訓として記憶されるよう後世に教育していく」と述べた。元慰安婦の子が、亡き母親の被害に向き合おうとしなかった自らを恥じ、謝罪する手紙も朗読された。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介