スポーツ

陸上、小池祐貴が意気込み - ダイヤモンドL「真ん中以上で」

 羽田空港で取材に応じる陸上男子短距離の小池祐貴=14日 拡大

 陸上男子短距離の小池祐貴(住友電工)が14日、100メートルに出場するダイヤモンドリーグ第11戦(英バーミンガム)への出発前に羽田空港で取材に応じ「今回(決勝で)真ん中以上の順位でいければ、ある程度自信を持って世界陸上に臨める」と上位進出を目標に掲げた。

 7月に9秒98の自己ベストをマークし、日本記録へ0秒01に迫っているが「9秒台とかは関係なく、前のレースの反省を次に生かす」と自然体。今回は「がっつり修正するポイントはない」と筋力トレーニングに重きを置いて調整した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介