国際

半年で子ども150人殺害、マリ - ユニセフ発表、武装勢力台頭で

 【ナイロビ共同】国連児童基金(ユニセフ)は13日、武装勢力が台頭し治安が悪化する西アフリカ・マリで今年1~6月、襲撃に巻き込まれた子どもが急増し、150人以上が死亡、75人ほどが負傷したと発表した。

 徴兵された子どもは昨年同時期から倍増し、学校は900校以上が閉鎖された。ユニセフは「暴力がまん延し、より多くの子が死の危険にさらされている。襲撃の心配をせず、学校に通い友達と遊べるようになるべきだ」と訴えている。

 マリでは2012年に首都バマコで反乱軍のクーデターが起きた後、イスラム過激派が台頭。牧畜を営むフラニ人と農民主体のドゴン人も争っている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ボートレーサーの魅力伝えるカレンダー

プレゼント写真
提供元:ボートレース振興会
当選者数:20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介