カルチャー

高野山でろうそくまつり - 10万本の光の帯

 高野山の奥の院で開かれた「ろうそくまつり」=13日夜、和歌山県高野町 拡大

 霊場高野山(和歌山県高野町)の奥の院で13日、お盆の風物詩「ろうそくまつり」が開かれ、大勢の参拝者らが手向けた約10万本のろうそくの火で、約2キロ続く石畳の参道が埋め尽くされた。

 午後7時から奥の院の入り口や参道各所でろうそくが配布され、参拝者は次々と火をともして参道両側に立て、先祖の霊に手を合わせた。

 光の帯となったろうそくの明かりは、そびえ立つ杉の巨木や20万基を超える墓石群を淡く照らし、聖域とされる一帯は幻想的な光景となった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ボートレーサーの魅力伝えるカレンダー

プレゼント写真
提供元:ボートレース振興会
当選者数:20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介