スポーツ

楢崎智が金、野口は銀 - 世界クライミング第3日

 男子ボルダリング決勝 第2課題に挑む楢崎智亜=エスフォルタアリーナ八王子 拡大
 女子ボルダリング決勝 第1課題に挑む野口啓代=エスフォルタアリーナ八王子 拡大

 スポーツクライミングの世界選手権第3日は13日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子でボルダリングが行われ、6人による決勝で男子は23歳の楢崎智亜(TEAM au)が4課題(コース)で2完登をマークし、2016年以来2大会ぶり2度目の優勝を果たした。日本男子はこの種目で3大会連続の金メダル。

 女子は2完登だった30歳の野口啓代(TEAM au)が2大会連続の銀メダルを獲得。3完登のヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が2連覇した。

 他の日本勢は男子の藤井快(TEAM au)が4位、土肥圭太(鹿児島県連盟)が5位。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介