カルチャー

定時制高校野球、生演奏が復活 - 17年ぶり吹奏楽部が参加

 定時制や通信制の高校の軟式野球の全国大会が13日開幕し、神宮球場で開会式があった。17年ぶりに定時制高の吹奏楽部が参加。ファンファーレや入場行進の曲を演奏し、大会を盛り上げた。

 東京都立の定時制高3校の部員計10人と、卒業生や教員ら10人で構成する連合楽団が、大会歌の「新しい風」を伸びやかに演奏し、球児らは引き締まった表情で行進した。

 定時制高は、家庭環境や経済状況などさまざまな事情を抱えた生徒が多く、部活動は練習時間の確保などに困難がある。中でも吹奏楽部は、楽器をそろえる予算が乏しい上、音楽教員も少なく、設置自体が難しいとされる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介