カルチャー

国内初、歌麿の7枚組み版画確認 - 「見立唐人行列」、医師が保管

 医師の北貞夫さんが保管していた喜多川歌麿の7枚組み版画「見立唐人行列」=12日、栃木県那須塩原市 拡大

 江戸時代の浮世絵師喜多川歌麿の7枚組み版画「見立唐人行列」を、栃木県那須塩原市の医師が自宅で保管していることが12日、分かった。歌麿に詳しい大和文華館(奈良市)の浅野秀剛館長によると、海外の数カ所の美術館は所蔵しているが、国内で7枚全てがそろっているのが確認されるのは初めてという。

 見立唐人行列は1797~98(寛政9~10)年の作品とされ、縦約37センチ、横約25センチの多色刷りの7枚で構成。朝鮮王朝の外交使節「朝鮮通信使」を女性に置き換えて描いている。異国風の帽子をかぶったり、旗を持っていたりする姿が描かれている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介