スポーツ

セーリング吉田愛、選手権に集中 - 東京五輪候補が会見

 東京五輪に向け、意気込みを語るセーリング女子470級の吉田(左)、吉岡組=12日午後、東京都内 拡大

 セーリングで2020年東京五輪出場を目指す女子470級の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)ら日本代表候補を紹介する記者会見が12日、東京都内で開かれた。吉田は昨年の大会に続く優勝が懸かる8月の世界選手権(神奈川県江の島ヨットハーバー沖)に向けて「集中して臨みたい」と話した。

 各クラス別の世界選手権で3位以内に入った日本人最上位は東京五輪代表に決まる。吉岡は「代表になることが一番。それで優勝という結果がついてくるのがいい。ベストを尽くしたい」と意気込んだ。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介