主要

ハンセン病家族補償へ法整備検討 - 政府、原告と協議

 記者会見するハンセン病家族訴訟の原告・弁護団ら=12日午後、国会 拡大

 ハンセン病元患者の隔離政策で差別被害を受けた全ての家族の補償に向け、政府が、現行のハンセン病問題基本法の改正など法整備を検討することが12日、関係者への取材で分かった。来週にも作業を本格化させる。熊本訴訟の原告・弁護団は「深く反省し、心からおわび申し上げる」との首相談話を高く評価し、協議の場を設けたいとする政府に応じる方針。熊本地裁が請求を棄却した原告20人についても控訴せず、訴訟を終結させると表明。控訴期限の12日を過ぎ、国が敗訴した判決が確定した。

 原告側は補償金額について「不公平のない、一律の解決を求めていく」としている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介