カルチャー

名古屋テレビ塔、免震改修を公開 - 脚部分掘り下げ、基礎を解体

 南海トラフ巨大地震などに備え、改修が進められている名古屋テレビ塔=12日午後、名古屋市 拡大
 報道陣に公開された名古屋テレビ塔の改修工事現場。四本の脚の周囲を掘り下げている=12日午後、名古屋市 拡大

 南海トラフ巨大地震などに備え、今年冬から改修が進められている名古屋市の繁華街、栄地区のシンボル「名古屋テレビ塔」(高さ180メートル)で12日、報道陣向けに工事現場が公開された。4本の脚の周囲を地下約3・2メートルまで掘り下げ、基礎を解体し造り直しているところで、今年11月ごろには免震装置を取り付ける。

 運営会社によると、改修前の状態では、南海トラフ地震で想定される震度6強よりも規模の小さい震度5強程度で、鉄塔下部の鉄骨が破断する恐れがあった。

 今後、脚周辺をさらに2メートル掘って基礎に梁や免震装置を設置する。来年7月の営業再開を予定している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介