国際

アップルW、会話盗聴可能の恐れ - トランシーバー機能無効に

 アップルの開発者会議で披露された腕時計型端末に搭載されたトランシーバーアプリ=2018年6月、米サンノゼ(共同) 拡大

 【ニューヨーク共同】米アップルが腕時計型端末「アップルウオッチ」に搭載されたトランシーバーアプリの機能を一時的に無効にしたことが11日、分かった。他人のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の会話を盗聴できる恐れがあったという。米メディアが伝えた。

 1月にもアイフォーンなどに搭載されたビデオ通話アプリで類似の不具合があり、技術への信頼性が高いアップルでトラブルが続いている。

 トランシーバーアプリは、アップルウオッチを通して友だちと会話できる機能。アップルはこのアプリの不具合を修正中で、これまでに悪用された例は把握していないとしている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介