国内

安倍首相、被害状況把握を指示 - 政府、官邸に対策室設置

 安倍晋三首相は18日夜、新潟県で震度6強を観測した地震を受け、被害状況の把握や被災者の救命救助、国民への的確な情報提供を関係府省庁に指示した。19日未明に官邸を出る際「今後、さらなる被害に最大限の警戒を行い、国民に対する的確な情報提供に万全を期す」と記者団に述べた。

 政府は地震発生直後、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、被害状況の把握に着手。震度6強の場合に自動招集される関係省局長級の緊急参集チームメンバーが慌ただしく集まった。

 菅義偉官房長官は午後10時40分すぎ、首相も11時10分すぎに官邸へ入った。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介