国際

集会の自由、幅広く認める - ロシア憲法裁判所

 【モスクワ共同】ロシア憲法裁判所は、集会の開催申請を政府当局が明白な根拠なしに受け付けないことを禁じる決定を出した。決定は憲法裁のゾリキン長官名で18日発表された。「秩序確保の方法が明らかでない」などとして当局が恣意的に集会を認めないのを禁止し、集会の自由を幅広く認めるよう求めた形だ。

 ロシアでは、当局が開催を認めない反政府系の集会などで、参加者が大量に治安当局に拘束されることが珍しくない。2018年にイルクーツク州の男性社会活動家が集会とデモの開催を申請したことに対し、当局は「秩序確保の方法がはっきりしていない」ことを理由に却下した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介