カルチャー

コウノトリ、残る雌3羽も巣立ち - 島根・雲南市

 島根県雲南市で巣立った3羽のコウノトリ=18日(雲南市立西小学校提供) 拡大

 島根県雲南市教育委員会は18日、4月に生まれたとみられる国の特別天然記念物コウノトリのひな4羽のうち、雌3羽が巣立ったと発表した。雄の1羽は13日に巣立っている。

 市教委によると、同じ巣から野生の4羽が巣立つのは珍しく、同市では2年連続。父鳥は福井県越前市、母鳥は兵庫県豊岡市から1月に雲南市大東町へ飛来。市立西小学校内の電柱に巣を作った。

 市教委の担当者は「ひなが独り立ちするまで、今後も巣の近くのカメラで見守る」としている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

源田壮亮メッセージブック

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介