国際

住商、アジアのバナナ生産撤退 - 1970年からフィリピンで

 住友商事は18日、アジアでのバナナ生産事業から撤退すると発表した。傘下の「スミフルシンガポール」について、保有する株式49%全てを合弁相手に売却する。売却額は非公表。9月末までの売却完了を目指す。

 住商は1970年からフィリピンでバナナ生産を手掛けており、2003年から「ソーントンベンチャー」と合弁を組んでいた。

 日本では「甘熟王」ブランドでの販売で知られており、スミフルシンガポール傘下で日本での販売を手掛けるスミフルジャパンは、国内大手の一角を占める。甘熟王の今後の国内流通については未定という。

 売却理由について「事業の将来性を考えたため」としている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

源田壮亮メッセージブック

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介