スポーツ

プラティニ氏拘束、W杯招致疑惑 - フランスの捜査当局

 ミシェル・プラティニ氏(ゲッティ=共同) 拡大

 【ベルリン、バルセロナ共同】フランスの捜査当局は18日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の招致疑惑を巡り、欧州サッカー連盟(UEFA)前会長で元フランス代表のミシェル・プラティニ氏を拘束し、事情聴取した。地元メディアが伝えた。当局は、容疑者として正式捜査を開始するかどうか今後判断するとみられる。

 日本や米国なども立候補した22年大会は、10年12月の国際サッカー連盟(FIFA)理事会での投票によって開催地がカタールに決まった。当局は決定過程で受託収賄などの疑いがあるとみて16年に捜査を開始した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「交流の軌跡」の招待券

重要文化財「レパント戦闘図・世界地図屏風(右隻)」江戸時代 17世紀 香雪美術館(通期展示) 
提供元:中之島香雪美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介