スポーツ

古川、杉本組は4強逃す - アーチェリー世界選手権

 混合リカーブ準々決勝で的を狙う古川高晴。4強入りを逃した=スヘルトーヘンボス(共同) 拡大

 【スヘルトーヘンボス(オランダ)共同】アーチェリーの世界選手権は13日、オランダのスヘルトーヘンボスで行われ、混合リカーブで昨年のジャカルタ・アジア大会金メダルの古川高晴(近大職)杉本智美(ミキハウス)組で臨んだ日本は準々決勝で敗れ、4強入りを逃した。

 2回戦はバングラデシュのペアに6―2で勝ったが、準々決勝で台湾のペアに0―6で屈した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

山口鉄也・元ジャイアンツ投手の著書

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報