国内

東証、午前終値は2万0958円 - 米中株安で続落

 13日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。前日の米国株安や香港など中国市場の軟調さが投資家心理の重しとなり、一時約1週間ぶりに心理的な節目の2万1000円を割り込んだ。

 午前終値は前日終値比171円47銭安の2万0958円25銭。東証株価指数(TOPIX)は18・12ポイント安の1536・10。

 前日のニューヨーク市場は、半導体や金融関連の株価が低調に推移し、ダウ工業株30種平均は下落して取引を終えた。この流れを受け、13日の東京市場でも半導体や銀行株に売りが広がった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

石内都「布の来歴-ひろしまから」 の招待券

入江泰吉「がくあじさい」1981年頃
提供元:入江泰吉記念奈良市写真美術館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報