主要

18年山岳遭難3129人で最多 - 死者・不明342人、警察庁

 北アルプス・剣岳北の大窓の頭付近で発見され、収容される遭難者=2018年12月(富山県警提供) 拡大

 昨年1年間の山岳遭難事故は全国で2661件(前年比78件増)発生し、遭難者は3129人(18人増)で、いずれも統計が残る1961年以降で最多だったことが13日、警察庁のまとめで分かった。死者・行方不明者は計342人(12人減)だった。

 警察庁によると、遭難者のうち1581人(50・5%)、死者・行方不明者のうち246人(71・9%)が60歳以上だった。発生件数は近年の登山ブームを背景に、2013年から年間2千件以上の高水準が続いており、警察庁は的確な登山計画と装備品の準備を万全にして、遭難を防ぐよう呼び掛けている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

山口鉄也・元ジャイアンツ投手の著書

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報