カルチャー

WHO、エボラ熱で緊急委開催へ - ウガンダ拡大巡り

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は12日、コンゴ(旧ザイール)東部で流行しているエボラ出血熱の隣国ウガンダへの拡大を受け、専門家による緊急委員会を14日にジュネーブで開くと発表した。「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たるかどうか判断する。緊急事態が宣言されれば2016年2月のジカ熱以来となる。

 WHOによると、コンゴでの感染者は疑い例を含めると2千人を超え、約1400人が死亡。隣国への感染拡大が懸念されていたが、今月11日、ウガンダで感染者が確認された。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

山口鉄也・元ジャイアンツ投手の著書

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報