国際

サウジ空港を攻撃、26人負傷 - イエメンの親イラン組織

 【カイロ共同】イエメンの親イラン武装組織「フーシ派」が12日未明、サウジアラビア南西部のアブハ空港を攻撃し、市民26人が負傷した。国営サウジ通信が伝えた。フーシ派系メディアは「巡航ミサイル攻撃が狙い通りに行われた」とのフーシ派側の主張を伝えた。

 サウジの発表によると、ミサイルは空港の到着ロビーを直撃し、負傷者にはサウジ人のほか外国人や子どもも含まれる。

 フーシ派は5月、サウジの石油施設を攻撃。無人機で空港を狙うなどした攻撃も繰り返していた。

 サウジ側は声明で「イランがテロリストに高度な武器を供給し続けていることが証明された」と指摘、イラン関与を強調した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • お仕事探しフェス2019 in 高田
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

近代日本画コレクション展の招待券

上村松園「よそおひ」1949年 山王美術館蔵
提供元:山王美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介