カルチャー

イタリアの古文書、盗難品と判明 - 国立西洋美術館が無償で返還

 国立西洋美術館 拡大

 国立西洋美術館(東京・上野)が所蔵していた15世紀イタリアの古文書が盗難品と判明し、元々の所蔵先があるイタリア側に同美術館が返還していたことが、12日までに分かった。

 同美術館は「古文書は展示されていない。所蔵品が盗難品と判明したのは初めて」としている。古文書は、祈りの言葉が書かれた「聖務日課書」から切り取られたもので、装飾的な文字が並び、その周囲には色鮮やかな植物が描かれている。トリノ大司教区古文書館が保管していたが、1990年に盗まれた32枚のうちの1枚だという。

 同美術館は今年4月26日、在日イタリア大使館で古文書をイタリア側に無償で返還した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介