カルチャー

人の受精卵、大阪で作製へ - 国内初、生殖補助医療の研究

 厚生労働省と文部科学省の専門委員会が3月に了承した人の受精卵作製に関し、大阪市の医療法人オーク会が12日、記者会見し、同市西成区のクリニック「オーク住吉産婦人科」で行うと明らかにした。不妊治療研究が目的。

 国は、研究材料として受精卵を作製することを、生殖補助医療の基礎研究に限って認めている。今回は、2011年の倫理指針施行後、専門委が初めて作製を認めたケースだったが、厚労省は知的財産保護のためとして、審査申請者や実施施設を非公開としていた。

 オーク会は「委員会の了承後の厚労相、文科相の最終確認を待っており、済めばできるだけ速やかに実施したい」としている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

絵本画家エルンスト・クライドルフ展の招待券

「ふゆのはなし」より「宴」、1924年 小さな絵本美術館蔵
提供元:伊丹市立美術館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報