国際

ロヒンギャ65人が漂着 - タイ南部の島

 【バンコク共同】タイメディアによると、同国南部サトゥン県の島に11日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ65人が船で漂着した。子ども5人も含まれていた。

 船が流れ着いた近くにはミャンマー人とタイ人がいたという。タイでは、密入国したロヒンギャが人身売買される事件が頻発しており、当局が調べている。

 ロヒンギャは、国民の大多数が仏教徒のミャンマーで差別されており、船でイスラム教国のマレーシアを目指す人が後を絶たない。2015年にはロヒンギャの密航船が周辺国に相次いで漂着し、国際問題となった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介