スポーツ

サッカー指導、暴力根絶へ新基準 - 除名など厳罰、協会理事会

 日本サッカー協会は16日、東京都内で理事会を開き、暴力、暴言の根絶に向けて、指導に関連する懲罰基準を新たに定めた。暴力、体罰で全治1カ月以上の傷害を負わせた場合や、暴言やわいせつ行為を繰り返した指導者には、永久的な活動停止や除名の処分を科す。

 同協会は2013年に暴力根絶相談窓口を設置するなど対策を進めてきたが、18年度の通報件数は過去最多の120件に上った。須原清貴専務理事は「本来サッカーを含むスポーツは楽しいもの。体罰、暴言、差別、ハラスメントを完全に根絶したい」と決意を口にした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

「驚異と怪異―想像界の生きものたち」展の招待券

アメリカワシミミズクのカチーナ人形(アメリカ合衆国)=国立民族学博物館蔵(撮影・大道雪代)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介