国内

二審は賠償額594億円に増額 - オリンパス損失隠し

 オリンパスの巨額損失隠し事件を巡り会社に損害を与えたとして、同社と株主が菊川剛元会長(78)ら旧経営陣に賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は16日、計約590億円の支払いを命じた一審東京地裁判決を変更し、賠償額を約594億円に増額した。菊川元会長ら3人について6億円余り増やした一方、元社長ら4人への賠償命令は取り消した。

 高裁の阿部潤裁判長は一審と同様、菊川元会長と森久志元副社長(62)、山田秀雄元常勤監査役(74)=いずれも金融商品取引法違反などで有罪が確定=の3人が損失隠しを主導したと認定した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

知られざる?!大和文華館コレクション

土偶立像 縄文時代
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報