国際

外務省、WTO判断巡って反省 - 日本産禁輸の容認で検証

 外務省は16日に自民党本部で開かれた水産関連会合で、韓国による日本産水産物の輸入禁止を容認した世界貿易機関(WTO)の判断を巡り、争いに対しての戦略面で反省点があると認めた。WTOを取り巻く状況への対応が不十分だったと分析した。

 今回の争いはWTOの紛争処理の「二審」に当たる上級委員会が舞台になった。外務省は、禁輸容認の背景として米国が従来、上級委員会が権限を越えた判断をしていると批判していることや、食の安全を巡る輸入国の規制への考え方についてWTOで長年論争が続いていることを挙げた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

知られざる?!大和文華館コレクション

土偶立像 縄文時代
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報