主要

平家の屋敷跡か - 京都・六波羅、堀を発掘

 京都市東山区で見つかった、平安時代末期の武家屋敷の遺構とみられる堀跡=16日午後 拡大

 京都市東山区で平安時代末期の武家屋敷の遺構とみられる堀跡が見つかり、民間の発掘調査会社「文化財サービス」が16日に発表した。平清盛(1118~81年)が権勢を振るったころ、平氏一門の本拠地として整備された「六波羅」と呼ばれる一帯で、担当者は「平家の屋敷跡とみられる遺構が発見されたのは初めてではないか」としている。

 出土した遺物から、堀は12世紀前半から中頃にかけて整備されたと推定される。堀の南側には土塁があり、堀は屋敷の北側とみられる。当時は保元・平治の乱が起きるなど武家社会への移行期で、防御目的から造成したと考えられるという。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

鳥取の考古学展「白兎のクニへ」の招待券

二口かまど 高住牛輪谷遺跡 古墳時代後期
提供元:大阪府立弥生文化博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介