カルチャー

鳥取・皆生温泉、地ビール仕込み - 若おかみ、酒米を投入

 皆生温泉のオリジナル地ビールの仕込み作業をする若おかみの山崎裕美子さんら=16日、鳥取県伯耆町 拡大

 鳥取県米子市の皆生温泉で6月末から新たに提供する酒米を配合したオリジナル地ビールの仕込みが16日、同県伯耆町の醸造場で行われた。法被姿の若おかみらが、蒸気で顔を赤らめながら仕込み釜に酒米を投入し、杓と呼ばれる木の棒でかき混ぜると、蒸し米の甘い香りが湧き立った。

 この日仕込んだのは、地元の国立公園・大山の伏流水を使った黄金色のエールビール800リットル分。大麦麦芽に県内だけで生産される酒米「強力」を混ぜ、和食にも合う爽やかな味わいが特徴だ。令和の新時代を迎え新たな取り組みをしようと、宿泊客から要望の多い地ビール造りを発案した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

「驚異と怪異―想像界の生きものたち」展の招待券

アメリカワシミミズクのカチーナ人形(アメリカ合衆国)=国立民族学博物館蔵(撮影・大道雪代)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介