カルチャー

はやぶさ2、小惑星への降下中止 - 異常検知とJAXA発表

 はやぶさ2が降下途中、小惑星りゅうぐうの上空60メートル付近で撮影した画像。はやぶさ2の影が左端中央に写っている(JAXA提供) 拡大

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、探査のために小惑星りゅうぐうへと高度を下げていた探査機はやぶさ2が、上空50メートル付近で異常を検知して降下を中止したと発表した。安全な場所に向け上昇、機体に異常はないという。今後原因を調べる。

 今回の降下では、2回目の着陸に向け、目印となるボールを放出する予定だったが延期となった。りゅうぐうを離れる前にもう一度着陸するチャンスはまだあるという。

 はやぶさ2は15日、りゅうぐうの上空20キロの定位置から降下を開始。高度計で高さを測りながら上空10メートルまで降りる予定だった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

知られざる?!大和文華館コレクション

土偶立像 縄文時代
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報