主要

地銀7割、54社が減益・赤字 - 純利益合計は2年連続1兆円割れ

 スルガ銀行東京支店が入るビル=16日午後、東京都中央区 拡大

 東京証券取引所などに上場する地方銀行78社の2019年3月期決算が16日までに出そろった。日銀の大規模金融緩和策による超低金利の長期化が響き、全体の約7割に当たる54社が減益か赤字となった。純利益の合計は前期比6・4%減の8647億円となり、3年連続で減少。2年連続の1兆円割れとなった。20年3月期は56社が減益を見込んでおり、純利益の合計も8755億円にとどまる見通しだ。

 人口や企業数の減少など地銀の経営を取り巻く環境は厳しさを増している。収益の柱だった投資信託や外貨建て保険の販売は、米中貿易摩擦を受けた市況の悪化で期待できない。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

鳥取の考古学展「白兎のクニへ」の招待券

二口かまど 高住牛輪谷遺跡 古墳時代後期
提供元:大阪府立弥生文化博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介