主要

安倍首相、中東緊迫化に懸念 - イラン核合意継続を期待

 イランのザリフ外相(左)と会談する安倍首相=16日午前、首相官邸 拡大

 安倍晋三首相は16日、イランのザリフ外相と官邸で会談し、米イラン対立により軍事的緊張が高まっている中東情勢を念頭に「現在の中東を巡る状況が大変緊迫化していることを懸念している」と伝えた。イランによる核合意履行継続への期待も表明した。これに先立ち河野太郎外相もザリフ氏と会い、核合意維持に向け協力する考えを伝達。中東情勢安定化に貢献する考えも示した。

 首相は、伝統的なイランとの友好関係を発展させる考えを表明した。河野氏は「イランによる核合意の維持が核不拡散と中東の平和と安定にとって不可欠だ。合意を引き続き支援する」と言明した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

知られざる?!大和文華館コレクション

土偶立像 縄文時代
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報