スポーツ

五輪関連の過酷な労働改善求める - 国際労組、競技会場建設現場で

 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場建設現場で労働者の権利が侵害されているとの報告書を、労働組合の国際組織、国際建設林業労働組合連盟(本部ジュネーブ)が15日に公表した。28日間連続勤務など過酷な労働の実態があったとして大会組織委員会や東京都などに改善を求めている。

 同連盟は10年以上にわたり、五輪など国際スポーツイベントで建設現場の労働環境の問題を調べており、東京大会も調査。昨年に建設現場を視察、今年2月に新国立競技場などの労働者から聞き取り調査をした。

 その結果、選手村で28日間、新国立競技場で26日間の連続勤務が行われるなどしたとしている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

知られざる?!大和文華館コレクション

土偶立像 縄文時代
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報