カルチャー

噴火逆手に桜島アピール - 鹿児島市、観光にも活用

 鹿児島市が制定したロゴマーク 拡大

 活火山の桜島がある鹿児島市が、噴火を市のロゴやPRアニメ動画に活用してアピールしている。降り積もった灰の掃除に煩わされるなど「負のイメージ」を持たれそうな噴火を逆手に取り、地域資源として親しみを持ってもらい、観光にも活用する戦略だ。

 市は桜島の火口から噴煙が湧き上がる様子をイメージしたロゴマークを3月末に制定し、広報チラシなどに使用。ブランドメッセージを「あなたとわくわくマグマシティ」とし、噴煙が「湧く」のに引っ掛けた。「おおらかで温かく、時にマグマのように熱い市民の心」を表現したという。

 担当者は「魅力を発信して鹿児島ファンを増やしたい」と話している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介