カルチャー

将棋の藤井七段、本戦入り王手 - 第45期棋王戦予選

 藤井聡太七段 拡大

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は15日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の一つ、第45期棋王戦予選8組の準決勝で牧野光則五段(31)を破って決勝に進出、渡辺明棋王(35)への挑戦者を決める本戦トーナメントまであと1勝とした。

 棋王戦は予選突破者、シード棋士で挑戦権を争う。藤井七段は、3期連続での本戦入りを目指している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介