主要

東京医大、不正入試で補償額提示 - 請求の3割程度も

 東京医科大の不正入試問題で、大学側が被害を受けた元受験生に、不合格となり予備校や他大学に通った際に要した費用などの補償額を提示していたことが、15日、元受験生側への取材で分かった。請求の3割程度の額にとどまるケースもあるという。

 東京医大は昨年12月に公表した対応方針で、追加合格で入学する学生には「本来負担の必要がなかった費用を補償する」とし、入学しなかった場合についても「事情を聴き判断する」としていた。東京医大は「対象者とは個別に対応しており、具体的内容は公表を控える」としている。

 東京医大は書面で、説明が必要な場合は面談に応じるとしている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

知られざる?!大和文華館コレクション

土偶立像 縄文時代
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報