国際

上海モーターショー開幕 - 巨大市場で最新EV披露

 上海国際モーターショーで公開された、トヨタ自動車の「C―HR」と「IZOA」をベースにした新型EV車=16日(共同) 拡大

 【上海共同】世界有数の規模を誇る自動車展示会、上海国際モーターショーが16日、中国上海市で開幕した。世界中のメーカーが最新の電気自動車(EV)などを公開。中国は世界最大の新車市場だが、景気減速で足元の需要は低迷しており、各社の競争が激しさを増している。

 世界20カ国・地域から千社を超える自動車関連企業が出展する。展示面積は約36万平方メートル。

 中国の18年の新車販売台数は約2808万台で、米国を大きく上回り世界一だった。ただ前年比では28年ぶりにマイナスとなった。政府はEVなど新エネルギー車の普及を後押ししており、各社が開発を競い合っている。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会の観戦券

昨年5月に開催された第一回国際フルコンタクト空手道選手権大会の決勝戦
提供元:全日本フルコンタクト空手道連盟
当選者数:10組20人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報