カルチャー

仏、原子力再国有化検討か - 電力会社巡り報道

 【パリ共同】15日付のフランス紙パリジャンは、巨額の債務を抱えるフランス電力(EDF)について、政府が一層の財務悪化の危険性を回避するため、原子力事業の再国有化を検討していると報じた。

 EDFは2004年に民間企業となったが、現在も国が80%以上の株式を保有。300億ユーロ(約3兆8千億円)を超す債務を抱えており、今後老朽化が進む原発への投資に必要な資金を確保できるかが大きな課題となっている。

 検討案では、原子力事業を切り離して運営する親会社をつくり、政府の出資を100%に近づけるほか、その他は子会社の事業として将来的に民間の資本参加も進めるとされる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会の観戦券

昨年5月に開催された第一回国際フルコンタクト空手道選手権大会の決勝戦
提供元:全日本フルコンタクト空手道連盟
当選者数:10組20人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報