スポーツ

バスケ八村塁がNBA挑戦を表明 - ドラフト上位指名有力候補

 八村塁(ゲッティ=共同) 拡大

 【ロサンゼルス共同】全米大学体育協会(NCAA)1部のバスケットボール男子でゴンザガ大の八村塁(21)が15日、4年生となる来季は同大でプレーせずにプロで世界最高峰のNBAを目指すことを表明した。米メディアによると、6月20日のドラフト会議で上位指名の有力候補とみられる。

 NBAでは大学卒業を待たずにドラフト対象選手となる「アーリーエントリー」制度があり、ドラフト60日前の今月21日までに意思を表明する必要があった。八村は自身のツイッターで「今回、NBAドラフトにエントリーすることを家族とコーチと話し決断しました」とコメントした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会の観戦券

昨年5月に開催された第一回国際フルコンタクト空手道選手権大会の決勝戦
提供元:全日本フルコンタクト空手道連盟
当選者数:10組20人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報