スポーツ

ボストン・マラソン、井上12位 - 前年優勝の川内は17位

 【ボストン共同】第123回ボストン・マラソンは15日、米ボストンで行われ、男子で昨年のジャカルタ・アジア大会覇者の井上大仁(MHPS)が2時間11分53秒の12位で日本勢最上位に入った。序盤は先頭集団でレースを展開したが、30キロすぎから遅れた。

 前年優勝の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は17位、園田隼(黒崎播磨)は18位だった。優勝はローレンス・チェロノ(ケニア)で2時間7分59秒。女子はウォルクネシュ・デゲファ(エチオピア)が2時間23分31秒で制した。

 車いすの男子は副島正純(ソシオSOEJIMA)が2位に入った。(記録は速報値)

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

トムとジェリー展の招待券

TOM AND JERRY and all related characters and elements(C)& TM Turner Entertainment Co. (s19)
提供元:大丸心斎橋店
当選者数:3組6人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報